レッドブルエアレース2016の穴場は浦安!チケットなしで絶景が!

2016年も昨年に引き続き、

レッドブルエアレースが日本で開催されます!

 

会場は千葉県の幕張。

砂浜一帯に観客が陣取り、

パイロットの腕前を間近で堪能できます。

 

日本人パイロットの室屋さんの凱旋。

優勝候補の一角にも挙げられてますし、

否が応にも期待は高まりますよね。

スポンサードリンク

今回は2016年の幕張エアレース観戦の穴場。

昨年の経験からお伝えします。

レッドブルエアレース2016の穴場は浦安!

幕張エアレース 滑走路 画像

実は穴場は浦安。

幕張ではないんです。

 

JR京葉線の路線図で考えるならば、

海浜幕張から新浦安までは約20分。

 

幕張の対岸に浦安があるイメージですね。

 

でも、実はここが穴場なんです。

 

こちらのサイトでも解説している通り、

飛行機のパドックや滑走路として

浦安が活用されています。

 

対岸ということもあって、

浦安から飛び立って幕張上空へ向かうのです。

 

浦安の海岸沿いまで足を運べば、

離着陸する機体が間近で見れます。

 

しかも人も多くないすし、何より無料。

チケットなしで楽しむには絶好のポイントです。

白湯 ダイエット 成功 画像

もちろん、機体がポールを旋回する様子。

これはさすがに見えません。

 

離着陸を間近で見ながら、

実際のレースは遠目で見ることになります。

望遠鏡を持参するのをオススメします。

 

新浦安駅から海沿いまでは、

徒歩で約15分。

 

歩けない距離ではありませんので、

非常にオススメできるスポットなんです。

レッドブルエアレース2016のチケットは高い…

スポンサードリンク

もちろん幕張から観戦するのもオススメ。

ただし、それにはチケットが必要。

 

公式サイトに座席表がありますが、

1日券で予選でも5000円〜。

 

「1人5000円」なので、

よほど興味のある人でないと高いと感じるでしょう。

 

しかも砂浜に自由に席を取る形。

人も多いので落ち着いて観戦できません。

 

浜辺の外で観戦しようにも、

交通規制を行っていたり警備がいたりと、

安易に立ち止まれない状況になっています。

 

私も幕張近辺に住んでいたので、

昨年はふらっと歩いてみたのですが、

人ごみがすごくて近づけませんでした。

 

無料で見るには幕張周辺は危険。

検見川浜のあたりまで引いて、

何とか見えるかどうかというレベルです。

幕張エアレース チケット 画像

今年は私も浦安海岸まで行って、

穴場スポットでエアレースを観戦する予定です。

 

浦安だと混雑もしていませんし、

バス等の交通手段もあります。

 

駅前にはショッピングセンターもあり、

食事も調達できます。

 

家族連れにもオススメですし、

混雑を避けたいなら、まず浦安でしょう。

 

2016年6月4日と5日。

今年こそは混雑を避けて、

しかも無料で観戦する。

 

穴場スポットは浦安です!

スポンサードリンク

★こちらの記事もオススメ★

⇒子供の将来のための貯金ができない人へ、3つのコツを伝授!

⇒幕張エアレースのチケットはまだあるの?衝撃の事態が…

⇒間食をやめることの3つの効果!

⇒【酒臭い…】あなたの口臭を今すぐ消す2つの方法

⇒【おならが我慢できない】バレずに音を出さないで済ませる方法

⇒【禁酒に効果的な方法】3週間実践したら簡単にお酒を断てた

⇒【ゴキブリホイホイがまさかの逆効果!】あなたの家がGだらけに

⇒【ユニクロのスーツの評判は?】実際に着てみた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ