入社式のスーツ、女性はどうする?絶対外さない服装を伝授!

さて、何度か入社式関連の記事を書いており、

服装についても既にポイントをまとめています。

 

これらの記事も合わせて参照していただきたいのですが、

特に悩みの多いテーマが「女性の服装」です。

 

入社式ということで、女性も当然スーツで参加されるでしょうが、

どんなスーツで行けばわからないという悩みが非常に多いです。

スポンサードリンク

もちろん、企業風土によって服装は変わってきますので、

どんな企業にも当てはまる回答は一概にありません。

 

ですが、一般常識として考えて、まず外さないコーデはあります。

 

この記事では、入社式に女性が着ていく服装について、

絶対に外さないコーデを伝授したいと思います。

基本は就活中のままでOK!

スポンサードリンク


・・・ひと言でまとめるなら、これで問題ありません。

 

リクルートスーツは就職活動に臨む上でマナーに最大限配慮しています。

ということは、社会人になってからも、当然使えます。

 

何より、新入社員はまだ働いてはいないわけです。

 

それなのに、変にオシャレに飾ったスーツで行く方が、

逆に目立ってしまいます。

 

よほど汚れた、あるいは奇抜な服装でなければ、

服装でそこまで注目されることはありません。

 

無難に就活中の服装でいけば、

少なくとも変な目でみられることはありません。

 

さて、もうすこし具体的に見ていきますね。

 

まず、スーツの形式ですが、ここでよくある質問として、

「パンツスーツは問題ないかどうか」です。

 

これについても、問題ありません。

 

パンツスーツで参加したい場合は、参加して下さい。

スカートでももちろん問題ないですし、これは好みの問題です。

 

実際、先輩社会人の女性も、パンツスーツを履いている方はいますよね?

別にスカートじゃなければ失礼ということはありません。

 

次に中に着るシャツですが、これは白が無難です。

むしろ、柄物や色物をいきなり着るのはやめた方が良いでしょう。

 

着こなし方ですが、レギュラーカラーでもスキッパーカラーでも、

どちらでも問題ありません。

 

入社式ということで、少しの肌の露出も気になるのであれば、

レギュラーカラーが無難だとは思います。

最後に

入社式 髪型 結ぶ 画像

ここまで、女性の入社式のスーツの着こなしについて伝えました。

 

入社式のためにわざわざスーツを新調する必要はありません。

部署ごとに服装に違いはあるので、配属されてからの方が良いです。

 

今まで使ったスーツをクリーニングする等して、

入社式でも利用すればOKです。

 

入社式も、大事な式典の1つ。

マナーを守った上で、相手に好印象を持たれる様にしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ