入社式のスーツのインナーはこれを着ろ!鉄板コーデを紹介!

さて、入社式において特に不安な点の1つが、服装です。

 

内定をもらっているとはいえ、

まだその会社で働いたこともありません。

何を着ていけば良いのか、まったく見当がつかない人もいるでしょう。

 

 

入社式とはいえ1つの式典です。

多少は服装に気を使った方が良いと考える人もいます。

スポンサードリンク

実際、私は周りの目を気にするほうでしたので、

入社式の服装には相当悩みました。

 

悩みすぎて、同期の友達に相談したくらいです。

 

でも、同期も入社式は初めてなので(当たり前ですが)、

みんなで考えをめぐらせたのを覚えています。

 

 

今でこそ働いて年数もたちますし、緊張することはないですが、

当時の私と同じ状況に置かれている新入社員の方にと、

絶対に外さない入社式シリーズをまとめています。

 

過去には服装意外にも髪型や挨拶についてもまとめています。

気になる方はチェックしてみて下さい。

 

さて、今回はスーツのインナーについて、

よくある疑問に答えていきたいと思います。

基準は就活中!

スポンサードリンク


男性、女性問わずに、スーツのインナーに何を身にまとえば良いか、

悩んでいる人は多いと聞きます。

 

 

今回の記事では絶対に失敗しない服装についてお伝えしているので、

就活中と同じ服装で行くのが鉄板です。

 

就活中の服装は、社会人として働く上でも失礼のない格好です。

※というか、一番失礼のない格好ですね。

 

就活中の服装で行って悪い印象を持たれたとすれば、

どんな服装で言ってもダメでしょうね(笑)

 

確かに、入社式とはいえ、その日から社会人になるわけです。

就活中の服装は幼く見えてしまい不安な方もいるでしょう。

 

ですが、あなたはまだ働いたことがないわけです。

その会社の風習も知らなければ、同僚と会ったこともない。

何も知らないわけです。

 

その状態であれば、変に意識しすぎるのではなく、

無難な服装でまとめるのが印象は良いです。

 

具体的には、インナーには無地の白シャツが鉄板です。

薄くても色のついたものはNG。柄物もダメです。

 

そして男性の場合ネクタイは地味めの無地が良いでしょう。

もちろん、熱意をアピールするために赤系でも良いです。

 

柄については、あまりない方が良いです。

 

ワンポイントやストライプ等、

就活中につけていて問題ないネクタイであれば、

そのまま入社式でも使えます。

 

ちなみに、チーフをつけた方が良いのか悩む人もいますが、

チーフは必要ありません。

 

仕事中にチーフをつけている人って、若手社員では少数派です。

 

つけて悪い印象をもたれることはありますが、

つけないで悪い印象をもたれることはありません。

入社式 挨拶 先輩社員 例文 画像

最後に

 

入社式とはいえ、まだ肌寒い季節です。

スーツの中にカーディガンを着たい人もいるのではないでしょうか。

 

ただ、就活の選考中は、時期もありますが着ていませんでしたよね?

 

入社式においても、まだ働いたことがないのであれば、

カーディガンも着ない方がよいかとは思います。

 

ただ、人事の方に確認できるのであれば、

早めに確認して下さい。

会社によってどこまでがOKラインかは異なります。

 

この記事の内容を実践してもらえれば、

まず失敗することはありません。

 

ただ、もう少し具体的に知りたい方がいたら、

直接聞いてみるのが一番でしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ