就職祝いの相場、姪にはいくら贈るのが定番か?

さて、就職祝いについては以前も何度か記事を書いてきました。

 

現代であれば、お金ではなくものをプレゼントするというケースも、

一般的になってきていますね。

 

また、お金をプレゼントするにしても、

のし袋の様なかしこまった形ではなく、

お年玉袋の様なものに入れて、

簡易的に渡すなんてケースも増えて来ています。

 

もしあなたが、「お祝い金をあげなければいけない」と考えているなら、

最近はそうとも限らないんです。

スポンサードリンク

とはいえ、もしあげたいということなら、

金額の相場を知る上で、この記事はきっと役に立つはずです。

 

今回はという、自分の親族だけれども孫ではない。

このような中途半端な位置付けにある人への就職祝いについて、

金額の相場について見ていきたいと思います。

姪へのお祝い金が通例いくらなのか?

スポンサードリンク


就職祝いに限らず、こうしたお祝い金は、

当事者との関係が深いほど、多くの金額を出すのがマナーです。

 

逆に、それほど関わりの深くなかった人が大金をプレゼントすれば、

もらう側も気を使ってしまいますからね。

 

さて、今回は姪(めい)ということで、

それほど付き合いが深くはない親族が対象です。

この場合、相場とされる金額は5000円〜10000円です。

 

金額の程度については、関わりの深さで決めたら良いでしょう。

 

ただ、社会人になるわけですし、今後は今以上に関わりも減ります。

5000円というよりは10000円を渡す方が良いかとは思います。

 

ただ、これはあくまで「渡す時の場合の目安」です。

あまり関わりがないのであれば、「渡さない」というのもアリです。

 

また、付き合いが深いのであれば、20000円くらいまでなら、

出しても問題なく受け取ってもらえるでしょう。

 

あるいは、10000円と社会人で必要なプレゼント。

これを合わせて贈るのも良いですね。

 

単にお金だけを渡すよりも、

気持ちよく受け取ってもらえるはずです。

 

 

そして、意外と忘れがちなのが、両親への連絡です。

 

「●●さんからお祝いもらったよ」と両親にまず報告するでしょうし、

両親の知らないところで行われていたら、当然気を使います。

 

事前に渡すことはひと声かけておくのが、

両親を安心させるという意味ではマナーです。

最後に

孫 入学祝い 相場

ここまで、就職祝いについて話していきました。

最後に、就職祝いを渡す適切な時期についてお伝えします。

 

ベストな時期は3つあると考えています。

 

1つは内定を得られた直後。

お祝い感が非常に伝わってきますよね。

 

2つ目は内定式前後。

学生気分から一時的に抜けるわけですし、

タイミングとしてありですね。

 

3つ目は入社直前。

ただし、3月にもらっても使い道に困ります。

 

新生活の準備や卒業旅行の足しにできる様に、

遅くとも2月までには渡すのがベストです。

 

こうした渡すポイントを踏まえながら、

適切な金額を包んで渡して下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ