一人暮らしの費用。一ヶ月でこれだけは最低でもかかる!

さて、大学の入学や

社会人生活のスタートとともに、

一人暮らしを始められた人は多いでしょう。

 

これから準備にとりかかる人も、

既に新生活をスタートさせた人も、

気になる点の1つに「毎月の生活費」があります。

 

できるなら、生活費は安く抑えたい。

ただし、かかる部分にはお金がかかってしまう。

 

今回の記事では、

一ヶ月の費用としてこれだけかかる。

まさに「最低限かかる費用」を紹介します。

スポンサードリンク

もちろん、最低限とはいっても、

「1日1食で!」

「同じ服を3日は着ること!」

なんてスパルタ式の生活費ではありません。

 

人によって判断は違いますが、

普通の生活を送る上で

最低限の生活費を紹介しています。

 

これから新生活を始める人はもちろん、

既に始めてて生活費に悩んでいる人も、

ぜひ参考にして下さい。

月々の生活費はこれだけかかる!

就活 選考会 画像

まず、今回の計算では

家賃と娯楽費については抜いています。

 

というのもこれは、

個人によって変動してきますし、

これを入れてしまうとかえって

わかりにくくなってしまうからです。

 

まず、電気ガス水道等の費用で

月に最低でも5000円はかかります。

 

5000円でも十分節約しているので、

通常であれば7000円くらいは

いくのではないでしょうか。

 

ちなみにこの金額は、

夏や冬など、季節によって変動します。

 

冷暖房を使用したり、

湯船に入る回数にも左右されますからね。

スポンサードリンク


次に携帯代ですが、

最低でも月に6000円は見て下さい。

 

ただLINEを使えば無料で

通話とメールができるので、

携帯代についてはかなり

安くおさえることも可能です。

 

次に食費ですが、

お昼と夜ご飯を自炊するとして、

最低でも20000円はみてください。

 

よほど豪華な食事を作らなければ、

20000円あれば十分おつりがきます。

 

ここまでを見ていくと、

一ヶ月で必要な最低の生活費は

30000円代となってきます。

 

逆に言えば、30000円代に

おさえていれば十分成功しているといえますし、

家賃を親に仕送りしてもらえば、

アルバイト代だけでまかなえます。

 

それだけでなく、娯楽費にも十分まわせます。

 

30000円という金額を

1つの目安にしてください。

最後に

一人暮らし 初期費用 学生 画像

ここまで、一人暮らしで

一ヶ月にかかる費用を見ていきました。

 

この額をさらにおさえたいという場合は、

頭を使っていく必要があります。

 

例えコンピュータ関係。

ネット回線を引くと、

それだけで固定費が増します。

 

スマホを使えばネットも見れますし、

大学に行けば無料でネットが

使えるPCルームがあります。

 

社会人になったなら、

自宅でPCを使う必要性を

感じなくなるかもしれません。

 

このように考えれば、

ネット回線は引かなくても十分です。

 

食費についても、

一度にたくさん作ることで、

光熱費や食費を節約できます。

 

このように小さいことから

無理なく節約することで、

生活費はグンと落ちます。

 

工夫次第になるので、

ぜひ色々試してみて下さい!

スポンサードリンク

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒一人暮らしの初期費用、

 学生だったらこれだけかかる!

⇒引っ越し費用の敷金と礼金って何?

 安くできないの?

⇒ディズニーシーデートの予算を

 なるべく安くする方法を伝授!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ