歓送迎会の進行で花束を渡すベストタイミングを伝授!

さて、歓送迎会を行う上で一番気を使うのが、挨拶です。

 

始めの挨拶や締めの挨拶はもちろん、

その会の主役から挨拶をもらうタイミングも大事です。

 

また、送別会であれば、

感謝の気持ちを込めて花束や記念品を送るのが通例です。

 

 

とはいえ、ここも意外と悩みどころです。

スポンサードリンク

どんな花束・記念品を選んだら良いか、ということから、

どのタイミングで贈呈の時間をとれば良いかまで。

 

意外と悩むポイントでもあります。

 

この記事では、花束に焦点を絞って、

選び方から当日の渡し方まで、

絶対に失敗しないポイントをお伝えします。

男性か女性かで、花束は変わってくる!

スポンサードリンク


さて、まずは花束の選び方です。

花束ですが、男女問わずにもらって嬉しものです。

 

ただ、女性よりも男性の方が、どちらかというと嬉しさの度合いは低いです。

 

まあ、これは一般的なプレゼントでもそうですよね。

 

誕生日に花束をもらえば女性は嬉しいでしょうが、

男性はそこまで嬉しくはありません。

性別の違いだと思ってもらえれば良いでしょう。

 

ということで、女性に対しては豪華な花束を用意してOKですが、

男性に対しては簡単に、気持ち程度の花束で十分です。

※その分、記念品を豪華にしてください。

 

 

また、花束を渡す上では当然ですが、

花束を入れて帰れる袋も渡して下さい。

 

送迎会から家に帰るまで、

花束を出したままで買えるわけにはいかないですもんね。

会の途中がタイミング的にベスト!

ひなまつり 白酒 画像

さて、花束や記念品を渡すタイミングですが、

会の中盤がベストです。

 

というのも、始めと締めの挨拶は、役職の高い人が行うのが通例です。

 

また、立食式でなければ、会の途中で席を移動しにくいと思われるので、

一度催しをはさんだ方が、移動が活発になります。

 

主役の挨拶があれば、

 

「では、主役の●●さんに是非、お声をかけてくださいね」

と席の自由な移動も促しやすくなります。

 

 

順番としては、

 

主役から挨拶をもらう

花束贈呈

記念品贈呈

 

です。

 

 

なお、花束や記念品は、役職の高い人から渡してもらう様にしてください。

例えば、部長から花束、課長から記念品という具合です。

最後に

PTA 歓送迎会 進行 画像

 

歓送迎会の進行をまかされた幹事の方は、本当に大変だと思います。

 

ただ、当日の流れに関しては、意外とうるさくはないです。

よほど厳格な組織でない限り、好きなように楽しんでます。

 

最低限、始めと締めの挨拶、主役の挨拶さえできれば、

あとはそこまで気を配らなくてもOKです。

 

最低限のポイントをおさえて、無事に会を成功させてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ