歓送迎会の寸志ののし袋はどうすればいい?マナーを伝授!

さて、歓送迎会シーズン真っ盛りの春。

そこで気になるのが、「寸志」についてです。

 

寸志とは、

「心ばかりの気持ちですが、足しにして下さい」ということ。

つまり、会費を多く払う時に使うものです。

 

以前、歓送迎会の幹事の方

向けの記事でも書きましたが、

会費を多く払うのは役職の上の方。

スポンサードリンク

部長や課長がそれに当たります。

 

つまり、若手社員や役職のない社員は、

基本的には寸志を包まなくても良いのです。

 

ですが最近では、

のし袋に入れずに手渡しの場合もあれば、

社員全員がのし袋を書いたりと、

時代とともに形式が多様化してきています。

 

今回は寸志を包む上で

ポイントとなるのし袋について、

よくある疑問点に答えたいと思います。

のし袋って何?

孫 入学祝い 相場

まず、のし袋について。

イメージとしてはご祝儀や香点用に使用する白い袋です。

 

歓送迎会において、

のし袋に会費を包んで渡すという会社もあります。

 

その場合、のし袋を使用して下さい。

 

幹事の人に渡す場合は、

水引のついていないのし袋を使用するのが通例です。

 

文具コーナーに行けば

のし袋は普通に売られています。

 

寸志とかお礼と書かれた、

赤い棒ののし袋を選んでください。

スポンサードリンク


ただし、注意点が1つあります。

 

寸志という言葉は通例、

目上の人が目下の人に渡す際に使われます。

 

目下の人が目上の人にのし袋を渡す場合は、

表書きに「御礼」と書く様にしてください。

 

細かい点かもしれませんが、

マナーですので気をつけて下さい。

 

また、文字を書くときもポールペンではなく、

毛筆で書く様に心がけて下さい。

 

そして、この季節において

のし袋を使用するケースといえば、

定年等の退職による送別会が一般的でしょう。

 

目上の上司にあたりますが、

のし袋を使用する場合は、

ひと言御礼のメッセージを

書き加える様にしてください。

 

ただ、最近は職場内で色紙を回したりと、

御礼を伝える方法が多様化しています。

 

無理にのし袋に書かなくて

済む場合もありますから、

ケースバイケースですね。

最後に

PTA 歓送迎会 進行 画像

ここまで寸志とのし袋に

ついて書いてきましたが、

職場の風土によって様々です。

 

事前に同僚に話を聞いて、

柔軟に対処するのが良いでしょう。

 

実際私もかつて、

のし袋に寸志を包んでいったら、

他に誰も包んでなくて

赤っ恥を書いたことがあります。

 

マナーに従うのは大事ですが、

周りの様子をよく見る様にしてください。

 

それこそ、お金は前日までに幹事が集め、

当日は色紙と花束を渡しておしまい、

ということも普通にあります。

スポンサードリンク


そもそも寸志自体が、

目上の人が目下の人に渡す際に使うので、

あまりなじみのない言葉だとは思います。

 

会社にそうした慣習がなければ必要以上に気にせず、

いざという時に対応できる様にしておくのが良いと思います。

★あわせて読みたい記事はこちら★

⇒マイナンバー実施で副業者に

 抜け道があるのか税理士に聞いてみた

⇒若手・新入社員が飲み会で

 一発芸を乗り切る現実的な方法

⇒ボーナスにかかる税金が高いのはホント!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ