一人暮らしの費用は?学生で仕送りなしでやっていけるの?

さて、大学生になると、

一人暮らしを始めるケースも出てきます。

 

地方からの上京であれば当然ですし、

親元を離れて暮らしたいという想い

だってあるでしょう。

 

とはいえ一人暮らしをするには

様々なステップがあります。

 

親から了承を得ること。

仲介会社をはさんで物件を下見すること。

契約とそれに伴う費用を支払うこと。

生活必需品を買いそろえること。

他にも、挙げればきりがありません。

スポンサードリンク

その中でも、共通して出てくるのが

「お金」にまつわる話です。

 

事前に費用がそろえられず、

一人暮らしを断念する。

 

こんなケースも当然あります。

 

また、一人暮らしを始めてからも、

お金にまつわる問題は出てきます。

 

親からの仕送りをもらっていたとしても、

生活費が足りないと嘆く人もいます。

事情により仕送りがもらえないケース

だって出てきます。

 

今回はそんな事情を抱えた方に向けて、

仕送りなしで一人暮らしをすることが

可能かどうかを検証します。

 

なお、私も大学時代は

一人暮らしをしていましたし、

親からの仕送りもほとんど

もらっていませんでした。

 

もちろん、生活できたとしても

学業がおろそかになったり、

よほど食費を切り詰めないといけない

ような場合はナシにします。

1ヶ月にいくらかかるか計算してみよう

スポンサードリンク


まず、1ヶ月にかかる費用を計算します。

 

家賃は物件によって変動するので、

ここでは省きますが、

電気水道ガス等の費用は

月に5000円〜8000円はかかります。

 

これに携帯代ですが、

電話やメールはLINE等でも済みます。

 

通常なら月に6000円は見るのですが、

もしかしたら数千円で済んでしまう

ケースもあります。

就活 ES  使い回し 画像

次に食費ですが、お昼と夜ご飯だけで

月に安くても20000円はみましょう。

ただ、学生時代は飲み会もありますので、

+10000円は見ておきたいですよね。

 

こう考えると、最低限必要な費用だけでも

月に40000円はかかりそうです。

 

奨学金 収入証明 大学院 画像

これにサークル費や交通費、

遊びのお金を入れると結構な額になります。

 

仮に東京で時給1000円の

アルバイトに就いていたとしても、

学業に無理なく続けたとして、

月に70000円が限界です。

家賃も含めると、仕送りなしで

やっていくのは難しいでしょう。

 

ただし、奨学金を借りることができれば、

十分一人暮らしは可能です。

 

私も在学中は日本学生支援機構の

奨学金を借りていましたし、

毎月の貸与額も、多い人で

10万円くらいは申請できたはずです。

※現在の仕組みはわかりません。

 

奨学金を借りることを前提とすれば、

十分に一人暮らしが可能になります。

就活 選考会 画像

とはいえ、奨学金は基本的に貸与制。

「借金」とも言いかえられます。

 

借金をしてまで仕送りなしで

一人暮らしをしたいかどうか。

これは一度真剣に考えた方が良いでしょう。

 

もちろん、なかには給付型の

奨学金制度もありますが、

最初からアテにするのは非現実的です。

最後に

引っ越し 費用 敷金 礼金 画像

結局のところ、奨学金を活用しなければ、

親からの仕送りなしに

一人暮らしをするのは難しいです。

 

親に頼み込んで、何とか仕送りをしてもらう

様にするのも1つの手です。

どうしても難しいのであれば、

奨学金制度を利用して下さい。

 

ただし、奨学金も申し込んでもすぐに

もらえるわけではありません。

それこそ、生活必需品や教科書を買う

4月については、自分の貯金をアテに

するしかありません。

 

その点は、十分に注意が必要ですね。

スポンサードリンク


★こんな記事もオススメ!★
⇒一人暮らしの生活費の割合は

 どれくらいがベスト?
⇒一人暮らしの生活費、

 東京に住むなら最低これだけ必要!
⇒一人暮らしの初期費用が

 20万ってホント?真相はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ