ホワイトデー、高校生で手作りのお返しで失敗しない方法

3月14日はホワイトデー。

 

バレンタインデーに女子からプレゼントをもらった男子が、

想いを込めてお返しをする日ですね。

 

とはいえ、最近ではプレゼントをもらっていないのに、

男子から女性へプレゼントを贈る「逆バレンタイン」もあります。

 

ホワイトデーの使い方は様々なんですよね。

スポンサードリンク

さて、今回の記事では高校生に注目します。

 

ホワイトデーのお返しに手作りのプレゼントを考えている人。

まず、その心意気だけでものすごいポイント高いです。

 

私がもし手作りのお返しをもらったら、

恋愛感情を抜きにしても本当に嬉しいです。

 

ぜひ、手作りのプレゼントを贈ってください。

 

 

ただし、手作りのプレゼントもシチュエーションを間違えると、

その後の雰囲気が何とも微妙なものになりかねません。

 

そこで今回の記事では、手作りのお返しをする上で、

「絶対に外さない」ポイントをお伝えします。

 

このポイントを知った上で、準備を進めて下さい。

「なぜ手作りなのか」をはっきりさせておく

スポンサードリンク


まず、なぜ手作りのプレゼントを作ろうと思ったんですか?

 

おそらく、本命の女子に気持ちを伝えるためでしょう。

あるいは、既に付き合っているなら彼女への気持ちでしょう。

 

明らかにあなたがもらったのが義理チョコだとわかる場合は、

手作りのお返しは「重い」と感じられます。

 

相手はあなたのことを恋愛対象として見ていないかもしれません。

そんな中で手作りのお返しは、その後の関係がぎこちなくなります。

 

 

もし義理チョコだとわかる相手に手作りのお返しをする場合は、

「他の女子にも手作りをあげる」ことです。

 

こうすれば、もし「何で手作りなの?」って聞かれても、

「他の女子にも手作りをあげたんだ。料理好きだし」

と、ちゃんと理由を話せます。

 

※他にお返しをする女子がいなくても、こう答えればOKです。

他校にもらった人がいるという設定にしてしまえばいいんです。

 

義理チョコをもらった相手に好意を示したいという強気の男子の方は、

あたかもさりげなく手作りを渡して下さい。

手作りの何をプレゼントする?

ホワイトデー 渡し方 高校生 画像

 

次に気になるのは、何をプレゼントするかです。

 

バレンタインであれば、チョコが基本路線だったのですが、

ホワイトデーは何をプレゼントしても問題ありません。

 

逆に言えば、何をプレゼントしようか迷ってしまいますよね。

 

別に何をプレゼントしても良いのですが、プレゼントするものによって、

「あなたが女子にどう見られるか」が決まります。

 

 

例えばチョコやクッキーなどの食べ物。

 

個人的にはこれが一番無難だと思うのですが、

あまりにも上手くできると、「料理ができる男子」と思われます。

 

最近は家庭的な男子も人気ですし、こう思われて悪い気はしません。

 

また、たとえ上手くできなくても、

頑張った跡が見られるプレゼントなら女子も喜びます。

 

 

「自分のために練習してくれたんだな・・・」

 

あなたが思っている以上に、プロセスを重視します。

 

とはいえ、あまりにもボロボロのお返しはNGですよ。

 

 

一方で、マフラーや手袋などの「編み物」をプレゼントする場合。

 

これもあなたが「手芸・裁縫が好き・得意」というイメージを植え付けます。

 

 

本当に好きなら良いのですが、意外と時間がかかるのが手芸です。

 

「また作ってね!」なんて言われたら、嬉しい反面、

「もう勘弁してよ・・・」と疲れちゃうかもしれません。

 

 

編み物をプレゼントするなら、

その後の関係も踏まえて覚悟が必要です。

 

 

ちなみに、一般的には食べ物のプレゼント以上に、

編み物のプレゼントの方が「重く」見られます。

 

相手との関係を見て、そこは考えましょうね。

最後に

連休 過ごし方 カップル オススメ 画像

手作りを贈るという気持ちは素晴らしいです。

 

今回紹介したポイントさえ踏まえていれば、

きっと女子は喜んでくれます。

 

ぜひ、素敵なお返しを贈ってください!

スポンサードリンク

2 Responses to “ホワイトデー、高校生で手作りのお返しで失敗しない方法”

  1. […] さて、以前もホワイトデーについての記事を書きました。 […]

  2. […] 以前の記事でも紹介したのですが、 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ