ホワイトデーの渡し方。高校生が絶対失敗しない方法は?

 

 

 

2月にバレンタインデーでプレゼントをもらった男子にとっては、

ホワイトデーのお返しは悩むところです。

 

 

 

クラス全員に配っている様なあからさまな場合は、

堂々とお返しをプレゼントしてもOKなのですが、

自分だけに渡された様なものであれば、渡すシチュエーションも大事です。

 

 

 

 

実際、クラス全体の前で堂々とお返しを渡して、

女子が泣き出してしまったケースもあるくらいです。

 

 

お返しの渡し方は、慎重に考える必要がありますね。

 

 

 

 

 

そこでこの記事では、高校生がホワイトデーのお返しを渡す時に、

絶対に失敗しない方法をお伝えします。

事前の情報作戦がすべてのカギを握る!

 

 

 

ひと昔前の時代と違って、今の高校生は事前に連絡をとる手段が豊富です。

 

 

メールはもちろん、Twitter、Faceboook,LINEもあります。

 

 

バレンタインデーでプレゼントをもらった人とつながることは、

簡単にできます。

 

 

 

たとえそこまで面識がなくても、事前につながって、

2人きりになれる時間と場所を設定しましょう。

 

 

もし3月14日が平日なのであれば、

前後の土日でも構いません。

 

事前に予定を合わせて、渡せるシチュエーションを作っておきましょう。

 

 

 

 

 

どうやって渡すか?

 

ホワイトデー デート 付き合ってない 画像

 

 

 

 

次に、どうやって渡すかです。

 

 

一番シンプルなのは、「お返しだよ。ありがとう」とストレートに伝えること。

 

 

 

 

あなた思っている以上に、女子はストレートに言ってくれるのが好きです。

 

変に恥ずかしがっていると、女子としても何を言ってるのかわからず、

男気がないと受け取られてしまいかねません。

 

 

 

スパっと渡せばいいんです。

 

 

 

ちなみに、ロフト等の雑貨屋さんで売ってるプレゼント袋を買えば、

より特別感が出て良いです。

 

 

数百円をケチるくらいなら、上手く使うことをオススメします。

 

 

 

 

 

また、もしあなたがサプライズ的なことをしたのなら、

こちらの記事に書いてある方法をオススメします。

 

 

 

事前にお返しでご飯に行くと伝えてしまうんです。

そしてその席で、「実は・・・」とプレゼントを渡す。

 

 

 

これは結構なサプライズです。

 

 

 

あるいは、手紙を書くのも効果的です。

あなたの字で書かれているからこそ、特別感も出ます。

 

 

 

単にプレゼントを渡すだけよりも、かなり好意を持ってもらえます。

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

ここまで紹介した方法は、高校生でも十分にお金を出せるものです。

その上、相手も喜んでもらえ、サプライズ感も出せます。

 

 

そんなに高価なものは、相手も望んでいません。

 

 

 

 

「自分のことを考えて、自分のためにお返しをしてくれたこと」

 

 

これが大事です。

 

 

 

こうした姿勢を持てれば、ホワイトデーに関わらず、

気を使える男子として他の女子からも好感を持たれます。

 

 

ぜひ、素敵なホワイトデーになることを応援しています!

 

One Response to “ホワイトデーの渡し方。高校生が絶対失敗しない方法は?”

  1. […] 以前の記事でも書きましたが、 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ