ホワイトデーのお返しを彼女に手作りで贈るのは危険!

 

 

最近は「草食系男子」や「ロールキャベツ男子」など、

女性らしさも兼ね備えた男性が登場して来ています。

 

 

 

男らしい男性よりも、こうした男性の方が女性ウケが良かったりしますし、

女性らしさや気使いのできる男性は積極的にアピールして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

さて、3月14日といえば、ホワイトデーです。

 

 

 

 

 

世の男性はお返しをどうしようか悩んでいるわけですが、

上記の様な人は「手作りのお返し」を考えているかもしれません。

 

 

 

確かに手作りであれば、相手への想いも伝わります。

 

 

それに、「世界で1つだけのお返し」という意味で、

特別感も出すことができます。

 

 

以前の記事でも紹介したのですが、

方法としては非常に良いとは思います。

 

 

 

ですが、ある1つのポイントを意識せずに手作りをすると、

彼女にショックな気持ちを感じさせてしまうかもしれません。

 

 

あなたと比較し始める

もし、彼女があなたに手作りでバレンタインを贈ったとします。

 

 

あなたがそれに手作りでお返しをすれば、第一印象は、

「すごい!私のために嬉しいな!」でしょう。

 

 

 

ですが、味を確かめると、

「私よりも料理がうまいな・・・」と思われる可能性があります。

 

 

 

これは、料理が得意な男性にとっては要注意です。

 

 

 

 

 

確かに、手作りのお返しで誠意を示せば相手は喜びます。

ですが同時に、自分の料理の腕前と比較されるかもしれません。

 

 

 

その結果、「私には釣り合わない」「何の取りえもない」と、

ネガティブに考え始めるケースがあります。

 

 

 

これはあなたにとっても想定外でしょうし、

最悪ホワイトデーがキッカケで別れ話なんてケースもあり得ます。

 

 

 

 

 

手作りのお返しを彼女に贈るなら、

クオリティを高めすぎてはいけません。

 

 

むしろ、「頑張ってくれたんだな」というレベルにとどめてください。

 

なので、あえて難しいお菓子作りに挑戦したりするのも1つの手です。

 

 

 

 

 

もちろん、相手も料理が好きだったり得意なケースは、

手作りのお返しは十分ありです。

 

 

 

共通の趣味として料理が存在するなら、

お互いに手作りをすることで関係も深まります。

 

 

 

ただ、彼女のバレンタインの手作りプレゼントが、

「正直、味は・・・」という場合は、手作りのお返しは要注意です。

 

 

 

 

ホワイトデー 高校生 手作り 画像

 

 

 

 

 

最後に

 

 

ホワイトデーのお返しであれば手作りでなくても、

少し高めのお菓子やご飯をプレゼントするのもありです。

 

 

 

手紙を書いたりサプライズをしたりと、

手作り以外でも喜んでもらえる方法はあります。

 

 

まずは、彼女の状況をよーく観察しながら、

手作りのお返しがベストかどうかを考えてみて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ