ホワイトデーの高校生のお返しは脈ありなのか?

 

 

 

以前から何度もホワイトデーについての記事を書いてきましたが、

裏を返せばそれだけ内容が尽きないということでもあります。

 

 

 

バレンタインとセットで考えると、

これをキッカケに付き合い始める人達もいるわけで、

男女問わずに必要以上に意識してしまいますよね。

 

 

 

さて、今回は高校生に注目したいと思います。

 

 

 

 

 

高校生にもなれば、

バレンタインを利用して本命チョコを渡す女子も増えてきますよね。

 

 

 

そして、中学生よりもデートに行ける行動範囲も広がりますし、

「付き合う」ということをかなり意識する年代でしょう。

 

 

 

 

バレンタインに本命チョコをあげた女子からすれば、

ホワイトデーにお返しをもらえるかどうかは気になる部分。

 

また、ホワイトデーのお返しをもらったことはイコール

「脈あり」なのかも気になる所でしょう。

 

 

 

 

 

この記事では、そうした疑問に答えていきます。

 

ホワイトデーのお返しは、基本的に返すもの

まず、高校生にもなれば、お返しは基本的に返すでしょう。

 

 

 

本命チョコであれば、見ただけでそれとわかりますし、

男子も礼儀を持ってちゃんと返そうとするわけです。

 

 

 

 

返し方については、以前伝えた様に手作りをするケースもあれば、

素敵なお菓子を買ってくることもあります。

 

 

 

ですので、お返しをもらえたからといって、

「私のことが好きなんだ」と考えるのは危険です。

 

 

 

 

 

ただ、「好意を持っている」と考えることはできます。

 

 

 

 

 

一部の男子の中には、本命チョコをもらったけれどお返しをしない、

なんていうケースもあります。

 

 

お返しをすることで勘違いさせてしまうのを防ぐためです。

※単にめんどくさいというケースもありますが。

 

 

 

こうしたケースもあることを考えれば、

あなたに好意をもってくれていると考えることはできます。

 

 

 

 

 

 

だた、「好意がある」のと「脈あり」はニュアンスが違います。

 

 

 

 

好意を持つだけでなく、脈ありかどうかが知りたいという場合。

 

男子からの反応だけでわからないのであれば、

女子からアクションを起こすしかありません。

 

 

 

ホワイトデーにお返しをもらえたなら、

次にデートに誘ってみて下さい。

 

 

 

 

 

デートに誘って、一緒に来てくれるようなら、

「脈あり」だと考えられます。

 

逆にデートに来てくれない場合は、

あくまで「好意がある」だけで脈はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

ホワイトデー 高校生 手作り 画像

 

 

 

最後に

 

 

今回はホワイトデーについて取り上げましたが、

一番危険なのは、「ホワイトデーだけ」で判断すること。

 

 

 

 

 

お返しをもらえたから脈あり。

じゃあ告白しよう。

 

 

 

この考えは危険です。

ホワイトデーにせっかくお返しをもらえたからこそ、

その後の関係でもう1歩踏み込んで行くべきです。

 

 

 

じっくりと関係を深めながら、「ここだ」という時期に告白すれば、

きっと相手も自然に付き合う流れになるでしょう。

 

バレンタインとホワイトデーというイベントだけで判断すれば、

焦りすぎて思わぬ失敗をすることもあります。

 

 

 

まずはこの記事に書いた内容を踏まえて、

相手の想いを見極める様にしてください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ