ホワイトデーに告白されたい?女性心理の真相を暴く!

 

 

 

3月14日はホワイトデーです。

 

 

バレンタインにチョコをもらった男性は、

お返しをどうしようか必死に頭を悩ませているでしょう。

 

 

特に本命チョコをもらったのであれば、

ホワイトデーにどう渡すかはじっくり考えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

さて、今回の記事では、ホワイトデーに告白するか悩んでいる男性に贈ります。

 

 

 

 

ホワイトデーだからこそ、告白するチャンスだと捉えている人も入れば、

あくまでバレンタインのお返しとしてプレゼントすると考える人もいます。

 

 

別にどちらが間違っているわけでもないですが、

一番大事なのは女性心理でしょう。

 

 

 

 

 

「女性にとって、ホワイトデーに告白されたいと思っているのかどうか」

 

 

ここを真剣に考えなければいけないのは当然でしょう。

 

 

そこでこの記事では、ホワイトデーに告白するかどうかについて、

女性心理の視点から解説します。

 

中高生から大人まで、すべての女性に対して使えます。

 

 

相手の気持ちを探ること!

 

まず、あなたにどんな気持ちでチョコレートを渡したか。

 

これにかかってきます。

 

 

本命チョコで、今までも親交がある場合、

ホワイトデーをきっかけに告白しても問題ないでしょう。

 

 

 

この場合、女性もバレンタインに相当な気持ちを込めています。

あいまいな対応をするのが一番マズいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、本命チョコだけれども、そこまで親交がない場合。

これは告白を急ぎすぎなくても良いでしょう。

 

 

 

 

もちろん、一気に告白して付き合えるケースもありますが、

女性の方が逆に驚いてしまうケースもあります。

 

 

ホワイトデーにデートへ誘ったりと、

相手との距離を縮める工夫が必要になってきます。

 

 

 

 

 

ケースバイケース。

 

これが女性にとっても本音でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

また、こんなケースも考えられます。

 

 

 

バレンタインにチョコをもらっていないけれども、

ホワイトデーを使って告白しようとしているケース。

 

 

これも相手との関係性によります。

 

 

 

 

 

親交が深ければ、これもアリかなとは思うのですが、

そこまで仲良くないのであれば、振られる確率の方が高いでしょう。

 

 

 

 

ホワイトデー 渡し方 高校生 画像

 

 

最後に

 

 

結局、すべては相手との関係によります。

 

男性中心の考えだけで告白するかどうかを決めてはいけません。

 

 

相手との関係を事前に入念に考えた上で、

告白するかどうかの決断をしてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ