ホワイトデーのお返しを彼女の母親にするならこれが鉄板!

 

 

 

最近、ホワイトデー関連の記事を多く書いています。

 

 

 

裏を返せばそれだけニーズが多いということでもあり、

「こんなケースはどうなの?」というお問い合わせもちらほらあります。

 

 

私自身、恋愛アドバイザーでも何でもないのですが(笑)、

女性目線から感じることは伝えられます。

 

 

 

 

男性同士で「お返しどうしよっか?」なんて話していても結論は出ません。

 

女性へのお返しの悩みは女性に相談しないといけないのは、当然ですよね。

 

 

 

 

 

さて、今回の記事では、少しイレギュラーなテーマを扱います。

 

 

ホワイトデーに彼女からプレゼントをもらうことはありますが、

彼女のお母さんからもらうケースもあるでしょう。

 

 

 

それこそ、彼女の家族と仲良くしていたら、

「これを受け取ってね」と渡されるケースはあります。

 

 

 

 

もちろん、お母さんがあなたに恋愛感情を抱いているわけではないですが、

もらった以上はお返しをするのがマナーです。

 

 

とはいえ、彼女にもお返しをするため、

お母さんへのお返しはもっと悩みます。

 

 

自分の考えているお返しがちっぽけなものに思えてしまったり、

かといって気合いを入れすぎると彼女の面目も立ちません。

 

 

 

そこでこの記事では、彼女のお母さんへのお返しとして、

彼女を傷つけずに喜んでもらえる鉄板の方法をお伝えします。

 

 

気持ちが大事

 

まず、お母さんはあなたから高価なお返しは期待していません。

 

 

あなたよりも収入的には稼いでいる家庭であることが多いでしょうし、

逆に高価なものをお返しすれば気を使わせてしまいます。

 

 

 

 

だからといって、何もお返しせず、

「ありがとうございました」とお礼を言うだけでは、

それもそれでマナーとしてどうかと・・・

 

 

 

 

そこで私がオススメするのが、「手紙」です。

 

 

 

 

普段はそこまであなたとお母さんで話すことはないでしょうし、

手紙で日頃の感謝の気持ちを伝えるのはアリです。

 

 

 

 

お母さんとしても、あなたの手紙は永久に保存できますし、

何より手書きであればぬくもりもこもっています。

 

 

ふとした瞬間に見返せる、記憶に残るプレゼントとして、

手紙はオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、手紙だけというのも寂しいので、

何かしらのプレゼントもつけましょう。

 

 

 

 

あまり高価すぎない程度に、

ラッピングされたお菓子はオススメです。

 

高価なお菓子だと気を使わせてしまうので・・・

 

 

あるいは、ケーキを買っていってお返しするのも1つの手です。

 

 

 

 

手紙とお菓子を添えたお返し。

 

絶対外さない鉄板はこれです。

 

 

 

ちなみに、手紙に書く内容ですが、

あまりかしこまりすぎずに日頃の感謝を伝えればOKです。

 

そこまで長い文章を書かなくても、

手紙を書いたという行為が喜ばれます。

 

 

 

変に緊張しすぎず、感謝の気持ちを伝えて下さい。

 

 

 

謝恩会 服装 カジュアル 画像

 

 

 

最後に

 

 

 

手紙を書くという行為は、意外と彼女にも好評です。

 

 

自分のお母さんを大事に思ってくれているのが伝わりますし、

そもそも女性は手紙が好きですからね。

 

 

 

彼女の顔も立てつつ、お母さんにも喜んでもらえる。

 

 

まさに一石二鳥のお返しです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ