中学生のホワイトデーの渡し方。絶対外さない3原則!

 

 

 

2月14日にバレンタインでチョコをもらった男子なら、

ホワイトデーのお返しをどうしようか。

 

 

3月14日までの1ヶ月は落ち着かないですよね。

 

 

 

 

 

クラス全員に配る様な義理チョコであればまだしも、

本命やそれに近いチョコをもらったとなると、

しっかりとお返しをするのがマナーです。

 

 

 

 

とはいえ、男子の中でも悩みは尽きません。

 

 

今回は中学生を取り上げますが、

周りの男子に冷やかされるリスクもありますし、

デートに行くお金の余裕もそこまでないでしょう。

 

 

 

 

そんな中で、一体どうやってお返しを渡せば良いのか。

悩んでいる男子は非常に多いです。

 

 

 

 

この記事は、中学生の女子の目線に立って、

「絶対に失敗しないホワイトデーの渡し方」をお伝えします。

 

 

これさえ知っておけば、女子にも好印象を持ってもらえますよ。

 

原則その1:チョコをもらったことを絶対に言わない

 

特に男友達には言ってはいけません。

 

 

男友達にバレてしまうのは仕方ないですが、

自分から「チョコもらった」なんて言ってはいけません。

 

 

 

 

女子が一番嫌なのは、チョコを渡したことが他の人に広まっていることです。

 

 

 

女子同士で広まるならまだしも、男子に広まっていると最悪です。

 

せっかく勇気を持って渡した気持ちを踏みにじる行為です。

 

 

 

絶対に他の男子には言わないで下さい。

 

たとえ親友であっても、絶対にです。

 

 

 

 

これを守れなければ、あなたも女子も冷やかされて、

せっかくのホワイトデーが台無しになる確率が高まります。

 

 

 

 

 

 

原則その2:二人きりの瞬間に渡す

 

 

女子としては、周りに人がいる中で渡されるのは嫌がります。

 

特に男子が見ていると、さっきも伝えた様に冷やかされます。

 

 

 

できるだけ二人になれる時間を作って、渡すのが鉄則です。

 

 

 

 

仲の良い女友達にお願いして、

二人きりになれる時間を一瞬でも作ってもらえる様、

お願いするのは効果的です。

 

 

 

また、メールやSNSで連絡が取れるなら、

事前に待ち合わせ場所と時間を決めてしまうのもアリです。

 

 

 

 

 

ホワイトデー当日に渡すのが理想ですが、

二人きりになるのが難しければ、

前後の週末に渡すのは良いでしょう。

 

 

 

 

 

ホワイトデー お返し もらえない 画像

 

 

 

 

 

 

原則その3:ストレートに感謝の気持ちを伝える

 

 

 

いざお返しを渡すと、恥ずかしくなる気持ちもわかります。

 

 

 

ですが女子としては、

ストレートに「ありがとう」といてもらえた方が嬉しいです。

 

 

 

別にカッコいい言葉を言う必要はありません。

 

 

「ありがとう。お返しだよ」

 

この言葉だけでも十分です。

 

 

 

 

 

また、事前に手紙を書いて渡すのもありです。

 

 

 

手紙であればあなたの想いも伝わりやすいですし、

何よりその後も大事に持っていられます。

 

 

 

 

 

 

緊張して何も言えなくなりそうなら、

手紙を用意して渡すのも1つの方法です。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

新生活 カップル 同棲 画像

 

 

 

ここまでの3原則を守ってもらえれば、まず失敗しません。

 

 

 

何をお返しするかよりも、雰囲気作りが大事です。

 

 

 

女子が喜ぶ雰囲気を作れる様、

今から準備を始めて下さい!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ