初節句の男の子へ鯉のぼりを!どこで誰が買えばいいの?

 

 

 

さて、春の代表的に行事に端午の節句がありますね。

 

 

5月5日、子供の日といえば、イメージはつくんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

3月3日のひな祭りと違ってゴールデンウィークにあたるので、

どこの家も盛大にお祝いをしています。

 

 

それこそ、男の子がいる家では鯉のぼりがかかげらていていますからね。

 

 

 

 

 

私は女なので縁はなかったのですが、

盛大に鯉のぼりが飾られている光景はうらやましかったですね。

 

 

 

 

 

 

さて、特に始めての子供の日を迎えられるケースでは、

特に気合いが入っているのではないでしょうか。

 

 

 

それこそ、親族一同を招いてお祝いをしたりと、

親にとっては大忙しになります。

 

 

 

 

 

今回の記事では、その中でも「鯉のぼり」に注目します。

 

 

 

 

最近では買わない家庭も出てきましたが、

やはり鯉のぼりあっての子供の日でしょう。

 

 

親族としても伝統にならってかかげて欲しがることもありますし、

親だけの一存では決めにくいことでもあります。

 

 

 

 

 

そこでこの記事では、鯉のぼりをどうやって用意すれば良いのか、

あなたが迷わない様に方法をお伝えします。

 

 

 

鯉のぼりは誰が買うもの?

 

まず、意外と多くの親御さんが誤解している点を伝えます。

 

 

 

鯉のぼりは親が買う必要はありません。

 

祖父母に買ってもらえば良いのです。

 

 

 

 

 

例えばひな祭り。

 

 

ひな人形については母方の祖父母が買うことがならわしとなっています。

 

 

これと同様に鯉のぼりは父方の祖父母が買うわけです。

 

 

 

 

 

 

ただし、最近は母方父方の区別がなくなって来ていることもあるので、

どちらの祖父母にも話をしてみるのが良いでしょう。

 

 

 

 

「出費が…」なんて悩むことはなかったんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、鯉のぼりを買ってもらったならば、

当然お祝いの催しはしたいところです。

 

 

 

 

祖父母は最低でも招いて、

子供の初節句を祝いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

そして、今後も祖父母には子育てで頼ることになるのですから、

子供の写真をプレゼントしたりとお返しをしましょう。

 

 

 

 

男の子 初節句 鯉のぼり 画像

 

 

 

最後に

 

 

では最後に、鯉のぼりをどこで買えば良いのかお伝えします。

 

 

これについてはネットが発達しているからこそ、

悩む人は以前よりも減っていますね。

 

 

 

 

ネットで「鯉のぼり 買う」と検索すれば、

いくつものサイトが見つかります。

 

 

 

 

ただ、安く自分たちで鯉のぼりを用意したいのなら、

親戚や近所の人から譲り受けるのも1つです。

 

 

 

 

 

 

結局、鯉のぼりは年に1度、それも子供の間しか使いません。

新たに買うよりもお下がりを使った方が良いとも考えられます。

 

 

 

 

初節句の場合は、特に盛大にお祝いをしたいと考えるでしょう。

鯉のぼりについては、是非この記事を参考にして下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ