初節句、男の子が四月に生まれた場合はどうしたら良いの?

 

 

 

さて、今までも初節句についての記事を多く書いてきました。

 

 

 

何より、初節句にどんなことをしていたかなんて、

自分の子供時代の記憶なんてないですし、

両親も忘れているかもしれない。

 

 

 

情報が少なく不安になるのは当然です。

 

 

 

 

 

 

ただ、初節句のお祝いの目的って究極的には、

「親族みんなで子供の成長をお祝いする」ことです。

 

 

 

 

 

 

親族を呼んで、立派に成長した子供を見せて、

みんなで今後の成長を楽しみにすればいい。

 

 

シンプルにするなら、これだけです。

 

 

 

あまり深く考えず、まずはその場を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

ただ、こんなケースも出てくると思います。

 

それは、「四月に生まれた子供の初節句」です。

 

 

 

 

 

 

もし四月生まれだとすれば、

翌月の五月に初節句をする様に思えますが、

そんなに早くやるものなんでしょうか。

 

 

 

 

 

そこでこの記事では、意外と知られていない、

初節句直前に生まれた子供のケースを取り上げます。

 

 

四月に生まれた子供の初節句はどうすればいいの?

まず、四月に生まれた場合、

どう考えても子供の日まで1ヶ月くらいしかありません。

 

 

 

新生児が生まれて100日後に行う「御食い初め」

よりも早く行う計算になります。

 

 

 

 

 

 

儀式的には御食い初めの方が当然先になるわけで、

初節句のお祝いを先にしてはいけません。

 

 

ですので、四月生まれの子供の場合、

翌年の5月5日が初節句となります。

 

 

 

 

 

また、これは四月生まれでなくても、

御食い初めを経験していない場合の初節句は、

翌年に持ち越すというのが一般です。

 

 

 

もちろん、これは女の子にも当てはまります。

 

 

 

 

菱餅 形 由来 画像

 

 

 

最後に

 

 

何より、四月生まれの子供の初節句を五月にやるなんて、

一番大変なのはお母さんですよね。

 

 

 

 

出産前後で体力も使ったでしょうし、

まだ日常生活を送る体力が戻って来たところでしょう。

 

 

 

そんな中で初節句の準備なんて、どう考えても無理です。

 

 

 

 

 

 

また、子供が生まれた直後は、名付けのタイミング等、

色々な機会で祖父母や親族と合うケースが増えます。

 

 

 

そんな中で初節句というイベントを開く意義は薄いんですよね。

 

 

 

 

 

 

1歳前後になって、生まれたばかりの頃からの子供の成長を楽しむ。

 

これも初節句の目的の1つです。

 

 

 

 

四月に生まれたからと言って、

初節句を急ぎすぎることはないんです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ