朝起きて眠い・だるいのはなぜ?すぐに改善する方法は?

 

 

 

 

さて、今回のタイトルについては、

大人から子供まで、多くの人が悩んでいるのではないでしょうか?

 

 

 

春先は特に気候が温かいので、余計に眠気に襲われますが、

春でなくてもこうした症状が出てしまう人はいますよね。

 

 

 

 

 

コーヒーや栄養ドリンクを飲んで無理に目を覚まさせようとしても、

効き目は飲む度に薄れていきます。

 

これでは根本的な解決にはならないですよね。

 

 

 

この記事では、朝の眠気やだるさに悩んでいる方に、

原因と改善方法をお伝えします。

 

 

朝の眠気やだるさの原因は何?

 

 

まず、原因から分析していきましょう。

 

一番わかりやすい原因は、睡眠不足でしょう。

 

 

 

 

1日に6時間は最低でも寝ないと、

脳がしっかりと休まりません。

 

 

裏を返せば、6時間未満の睡眠時間では、

眠気やだるさに襲われるのは当然といえるでしょう。

 

もちろん、徹夜もマズいですね。

 

 

 

 

この様に、不規則な睡眠サイクルをとっていれば、

体に悪影響が出るのは当然です。

 

 

 

 

 

また、寝過ぎもいけません。

1日に9時間以上寝てしまうと、頭が働かなくなります。

 

 

「寝だめ」なんて言葉がありますが、

あれは体に良くないので止めて下さい。

 

 

 

どれだけ長く寝ても、起きてからもスッキリせず、

行動する気力がいっこうに湧いてきません。

 

 

 

 

 

 

 

これらの2つが原因であれば、

対策はとりやすいでしょう。

 

 

 

ですが、適正時間の睡眠をとっていたとしても、

眠気やだるさに襲われることはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「睡眠の質を高める」

 

 

 

この視点、意外と多くの人が抜け落ちています。

 

 

 

例えば、寝る前にパソコンやスマホをいじっていたりテレビを見ていると、

なかなか寝付くことができません。

 

 

脳が興奮状態となっているので、熟睡することができないんです。

 

 

 

 

 

パソコンやスマホはもはや現代病とも言えますし、

寝る体勢になったら絶対にチェックしてはいけません。

 

 

 

 

 

また、寝る直前に何を考えていたのかも、睡眠の質に影響を与えます。

 

 

 

 

その日にあったネガティブなこと。

不満や心配事などのネガティブな感情。

 

 

これらを考えていると、睡眠の質は劇的に「下がります」

 

 

 

 

逆に感謝できることやポジティブな感情を抱いていた方が、

たとえ睡眠時間が短くても熟睡しやすいです。

 

 

 

 

寝る直前に何を考えているか。

ここまでは対策をとれていない人がほとんどです。

 

 

せっかく正しい睡眠習慣をとったとしても、

ここがおろそかになっていれば、すべてが水の泡です。

 

 

 

 

最後に

 

 

前髪 白髪 原因 画像

 

 

 

 

今回紹介した内容を実践することが、

最終的には朝の眠気やだるさを解消します。

 

 

ものすごく細かい部分かもしれませんが、

これを知らないために眠気やだるさと一生付き合う人もいます。

 

 

 

今日からできることですので、まずは実践してみて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ