子供の貧血にサプリメントはNG!効果的な対策を伝授!

 

 

 

さて、以前に貧血に関連した記事を書きました。

 

 

それこそ私が子供の頃から貧血持ちだったので、

非常に苦労した経験を少しでも伝えたいと思い記事にしました。

 

 

 

 

もちろん、今でも貧血は完治しておらず定期的に現れるのですが、

自力で回復できる対策を知っているだけでもかなり違います。

 

 

 

 

とはいえ、子供時代の頃は原因がわからず苦労しました。

 

さいわい私の場合、親が知識を持っていたので何とかなりましたが、

原因と対策がわからないことは、まずます不安になります。

 

 

 

そんな中、薬で貧血を治そうとする動きもあります。

 

また、タイトルにある様にサプリメントの接種で治そうとする人もいます。

 

 

 

 

 

 

私は医者でもなければ専門家でもありません。

 

あくまで私の経験談を踏まえての意見になってしまいますが、

こうした治し方はオススメできません。

 

 

 

薬やサプリメントは危険?

 

もちろん、危険なものが処方されることはないでしょう。

むしろ、飲んで回復に向かうケースの方が多いでしょう。

 

 

 

しかし、今回の場合は子供を対象にしています。

 

大人になってからのことも考えれば、

安易に薬やサプリメントに走るのは危険です。

 

 

 

 

 

本来、人間には自然治癒力が備わっています。

 

風邪でも熱でも、一番良いのは薬を使わずに治すことです。

 

 

 

 

とはいえ、多くの人は病院へ行き薬を処方してもらうわけですが、

こうした習慣がつくと、薬がないと回復しない体をつくってしまいます。

 

 

 

貧血にしても、完治することは難しいでしょう。

 

そんな中で薬やサプリメントを使用するということは、

大人になっても頼り続けなければならない体を形成しかねません。

 

 

 

特に子供の内は、できる限り自然治癒力に任せるのが良いです。

 

 

 

 

 

 

そこで、具体的な対策方法ですが、

食事から治していくことです。

 

 

 

とにかく、鉄分を多く含む食品をとることです。

 

 

 

 

ほうれん草やレバー、にぼしやごまなど。

アーモンドならおやつ感覚で食べれます。

 

 

日常的に鉄分をとり、貧血になりにくい体を作ることが第一です。

 

 

 

 

 

また、睡眠不足は貧血の天敵です。

 

 

頭や体に栄養が行き届いていないわけですから、

当然めまいを起こしやすくなるわけです。

 

 

 

 

 

しっかりと最低6時間は寝ること。

夜更かししないこと。

 

 

 

これらは鉄則ですね。

 

 

 

 

 

その他、貧血になってしまった時の対処法については、

こちらの記事にまとめています。

 

 

確認してください。

 

 

 

 

 

最後に

 

 

子供 めまい 何科 画像

 

 

 

もちろん、一時的に薬やサプリメントに頼ることを否定はしません。

 

 

特に思春期の女子にとっては、体の成長に神経が追いつかず、

貧血を引き起こすケースが非常に多いのです。

 

 

 

あくまで一時的なものだと割り切って、薬に頼るのもありでしょう。

 

 

 

 

 

 

ですが、やはり個人的には大人になってからも考えると、

貧血になりにくい丈夫な体を作ることの方が大事だと思います。

 

仕事中に貧血になってしまったら、それこそ一大事です。

 

 

長期的な目線に立って貧血と向き合うことをオススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ