動悸の原因、30代だからこそ注意すべきポイントを紹介!

以前に動悸に関する記事を書きました。

 

これに対してはいくつか反響をもらっていて、

私としても書いて良かったと思ってます。

 

その中で気になる反応があったのですが、

今回は30代の動悸について紹介します。

スポンサードリンク

30代といえば、動悸を起こすには

少し早いとも感じる年齢でしょう。

 

また、初めて動悸を起こして

不安に思う方もいるのではないでしょうか。

 

「まだ若いから…」とほっとくと、

大惨事につながる可能性だって、

もちろんあるでしょう。

 

早めに自分の動悸の原因を特定し、

効果的な対策をとることが一番です。

 

この記事では、30代の動悸で疑われる

原因と対策について紹介します。

30代の動悸の原因と対策を紹介!

公務員 スーツ 何着 画像

まず、以前の記事にも書いた原因が疑われます。

不安や緊張から来るものです。

 

これは30代からとは限らず、

子供時代から起こす人もいます。

 

ですので、30代からの動悸の

原因とは一概に言えないのですが、

可能性としてはあり得ます。

 

大きいプレゼンなどの緊張する場面に

なって動悸がするという場合は、

このケースを疑ってみてください。

 

また、これについての対策は

以前の記事を読んでください。

基本的にはあれをやってもらえたら十分です。

スポンサードリンク


次に、運動不足です。

 

社会人になるまでは、

日常的に運動をする機会がありました。

 

それこそ、学校の体育の授業だったり部活動、

大学のサークル活動なんかがそうです。

 

社会人になって、営業活動などで

歩く機会はあるのでしょうが、

まとまった運動の時間を

とれていない人もいるでしょう。

 

こうした人は、階段を歩いたり

長時間立っているだけでも、

動悸や息苦しさを感じることがあります。

 

これについての対策としては、

やはりまずは運動でしょうね。

 

ウォーキングなど軽めの有酸素運動から、

週に1・2回、1時間ずつ取り入れてみてください。

 

適度に汗をかくくらい体を動かすことで、

動悸も自然となくなっていきます。

 

運動をすることなしに、動悸は解消しません。

連休 おすすめ 過ごし方 画像

そして最後に、ここまでの

いずれも当てはまらなかった場合です。

 

これは心臓や血液の循環などに

問題がある可能性もあります。

 

対策としては、

すぐに病院で検査を受けることです。

 

やはり30代の動悸は年齢的には早いですし、

緊張や運動不足でないとしたら、病気も疑われます。

 

ほっとくことが一番危険なので、

なるべく大きな病院で検査を

受けることをオススメします。

スポンサードリンク


★この記事も読まれてます★

⇒急にめまいと吐き気、

 下痢に襲われたらこの病気を疑え!

⇒貧血で倒れる原因をわかりやすく解説!

⇒食欲がない…吐き気やめまいも

 併発していればこの病気か?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ