花粉症の症状に注意!咳や喉のかゆみの原因と対策!

 

 

さて、春先は花粉症が大流行する季節です。

 

何年も苦しんでいる人から初めてかかった人、

かからないかどうか心配な人まで、

日本人全員が気になる話題の1つです。

 

 

花粉症の症状の中に、咳(せき)があります。

 

ただし、咳は普通の風邪でも出ますし、

花粉症との見分けが非常に難しいです。

 

 

また、咳だけでなく喉(のど)にも炎症を起こした場合、

どうやって治療すれば良いか難しいところでもあります。

 

 

理想はお医者さんに聞くことですが、

この記事では各自でできる範囲の対策も伝えていきます。

 

 

 

咳や喉のかゆみの原因は?

 

 

 

さて、花粉症は大きく分けて、目と鼻から発症します。

 

目に来る場合、目のかゆみという形で症状が出ます。

鼻に来る場合、鼻水やくしゃみという形で症状が出ます。

 

 

咳については後者の、鼻に来る場合に起こります。

 

鼻にこびりついた花粉を飛ばそうと、

何回も連続してくしゃみをするのが、花粉症の咳の特徴です。

 

 

そして、当然ですが咳をすればのども炎症が来ます。

 

のどの炎症だけならのど飴などで対応できるのですが、

花粉症となると病院での診察をあおぐのが良いです。

 

 

 

そして、これって普通の風邪の症状と間違えやすいんですよね。

 

何せ、咳ものどの痛みも通常の風邪で起こりえます。

勘違いして花粉症を重症化させてしまうこともあります。

 

 

 

鼻から花粉症が来ている場合、

くしゃみやのどの炎症という形で体に反応が現れます。

 

この「サイン」を見逃さない様にしてください。

 

 

花粉症 治療 何科 画像

 

 

 

治療方法は?

 

 

さて、咳やのどの痛みという形で症状が出ている場合、

どのような対策をとれば良いのでしょうか?

 

 

 

一番は病院にかかり、もらった薬を服用することです。

 

市販の薬のも良いのですが、

「あなた」の花粉症の症状に市販の薬が適している保証はないです。

 

 

時間を作って、必ず診てもらうことをオススメします。

 

 

 

そして、治療の際に絶対にやってはいけないこととして、

風邪薬との併用です。

 

 

のどの痛みなどが気になって、市販の風邪薬を飲んでしまう。

これ、最悪です。

 

血中濃度が上昇し、副作用が出てしまう可能性があります。

 

 

 

花粉症と診断された場合、花粉症の薬だけを服用して下さい。

 

また、花粉症が疑われる症状が出た場合、

風邪薬を服用しても治りませんので、注意が必要です。

 

 

 

そして、のどのかゆみについて気になる場合は、

市販の、あるいは病院でもらったのど飴をなめてください。

 

あくまでのどのかゆみは、

咳をすることによって生じています。

 

 

咳が止まれば、のどの炎症も次第に落ち着きます。

まずはのど飴で対処療法をするのが一番です。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ