漂白剤を洗濯機で入れる場所はどこ?疑問を解決!

 

 

 

 

さて、このサイトでは春にまつわる様々な記事をアップしており、

その中の1つで新入社員について扱いました。

 

 

 

 

新入社員といえば、真っ白なシャツを来て、

ピカピカのスーツを身にまとっているので誰が見てもわかりますよね。

 

 

 

ただ、まだ働き始めたばかりのため、

うっかり大事なポイントを見落としてしまうこともあります。

 

 

 

 

 

例えば今回の記事のタイトルに絡めるならば、

飲み会でワインをシャツにこぼしてしまった。

 

 

ただの洗濯で落ちるかと思いきや、

これが意外に落ちない。

 

漂白剤を使って、しっかりと対応する必要があります。

 

 

 

 

 

もちろん、漂白剤を使うのは何も新入社員だけではありません。

 

 

子供が服を汚してしまった時や、

黄ばんでしまった汚れなどにも活躍します。

 

 

 

 

ただし、漂白剤は毎回の洗濯で使うわけではないため、

使い勝手がわからないということが多いんです。

 

 

 

そのため、今回のタイトルにある様に、

漂白剤を洗濯機のどこに入れたら良いのかわからない、

といった疑問も生まれてくるのです。

 

 

 

 

私自身も社会人になった時に悩んだテーマ。

 

今回はこれを取り上げていきます。

 

 

漂白剤を洗濯機のどこに入れるか

 

さて、漂白剤を使おうと思った時に悩むのが、投入する場所です。

 

 

洗剤や柔軟剤の様に投入口がない洗濯機がほとんどだと思います。

 

 

 

 

とはいえ、適当な場所に入れたら洗濯機が故障するかもしれない。

 

 

こうして悩み続ける人は結構います。

 

 

 

 

 

ただ、漂白剤は汚れている一部分に塗ることもあります。

 

 

それこそ、一点だけワインのしみがついたなら、

そこに漂白剤を塗って、後は普通に洗濯をするのです。

 

 

 

つまり、漂白剤を洗濯機にそのまま入れても良いということになります。

 

 

 

 

 

洗剤や柔軟剤の投入口に入れるというよりは、

そのまま洗濯槽に漂白剤を投入すればOKです。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、これはあくまで「衣類全体が汚れている場合」です。

 

 

部分的に汚れているだけの場合は、

そこに塗って洗濯すれば良いのです。

 

 

 

 

 

別に全部入れた所でデメリットはないのですが、

漂白剤だって結構な値段がします。

 

 

一度にたくさん使うよりは、少しずつ使った方が経済的ですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

引っ越し祝い 兄弟 プレゼント 画像

 

 

 

家族がいれば別でしょうが、

一人暮らしをしているならば、毎回の洗濯で漂白剤を使うことはないです。

 

 

 

頑固な汚れができた時に、部分的に塗って、

後は一緒に洗濯すれば良いのです。

 

 

 

それでも、どうしても洗濯機に入れたいということならば、

特に投入口はないので、そのまま洗濯槽に入れてください。

 

 

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ