お風呂上がりに体がかゆい!思わぬ所に原因が!

 

 

さて、今回はお風呂にまつわる記事を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

私は基本的に毎日湯船にお風呂ためているのですが、

お風呂上がりに無性に全身がかゆくなることがあります。

 

 

しかも、かいた部分が赤くなってしまうことも多いです。

 

 

 

 

 

特に高校生ぐらいからこの症状が出る様になり、

今ではかゆみが起きたときは毎回赤くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

「お風呂上がりにかゆくなるのはどうしてなのか?」

「洗ったばかりできれいなはずなのに、どこか問題があるのか?」

 

 

大学生の頃にこうした疑問を持った私は、

お医者さんに聞いたりしながら原因を突き止めることに成功しました。

 

 

 

その結果、今ではお風呂上がりのかゆみと上手に付き合える様になりました。

 

 

 

 

そこでこの記事では、同じ様な悩みを持つあなたのために、

かゆみの原因と対策を紹介したいと思います!

 

なぜお風呂上がりにかゆくなるのか?

 

 

まず、大きな原因として、ゴシゴシ体を洗うことがあります。

 

 

私達の皮ふは、思っている以上に繊細です。

 

タオルでゴシゴシ洗うことで、皮ふを無意識の内に傷つけています。

 

 

 

 

 

皮ふ科のお医者さんが言うには、

特に気になる所以外は手洗いでも問題ないとのことです。

 

 

ゴシゴシ洗わないと汚れがとれないと考える人は多いですが、

手で優しく洗うだけでも十分効果はあります。

 

 

 

 

 

 

また、これに関連して、ボディソープを使っている人も危険です。

 

 

ボディソープの多くは合成界面活性剤という成分が含まれています。

 

 

専門家になる必要はないので、この成分に詳しくならなくても良いのですが、

この成分は私達の皮ふを守る壁を破壊してしまうんです。

 

 

 

 

つまり、ボディソープを使えば使うほど、

皮ふは守られなくなり、結果として乾燥してしまうのです。

 

 

 

 

これを防ぐためには、固形石鹸を使うことが一番です。

 

固形石鹸を手で泡立て、全身に塗ることで、皮ふの乾燥を防げます。

 

 

 

 

 

実はお湯の温度にも関係が!

 

 

 

特に湯船につかる人に多い傾向なのですが、

あまりにも熱すぎるお湯は、皮ふの保湿成分を溶かしてしまいます。

 

 

 

 

保湿されなくなるので、当然皮ふは乾燥していきます。

 

ぬるま湯が体に良いと言われていますが、

少なくともお湯の温度は40度以下にしてください。

 

 

 

 

40度を超えると、体はあたたまっているのに、

徐々にかゆくなり、皮ふは乾燥してしまいます。

 

 

 

白髪 かゆい 画像

 

 

 

 

皮ふの乾燥のサイン

 

 

 

 

実際、皮ふが乾燥していると、

少しかくだけでその部分が赤くなります。

 

 

ほんの少しだけ。

ひとかきするだけでも、赤く晴れ上がります。

 

 

 

 

このような状態であれば、皮ふが乾燥しているサインです。

 

ここまでお伝えした何らかの対策をとる必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ