就活の髪型がパーマのままだと絶対後悔する3つの理由

 

 

さて、以前も就活の髪型について取り上げましたが、

今回はより具体的な話をしていきたいと思います。

 

 

 

就活時にどんな髪型で参加するか。

これは一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

学内説明会など、本格化していなければ気にしないものの、

選考が始まると髪型も企業の判断材料になります。

 

 

 

当たり前すぎて誰もやらないでしょうが、

何日も洗ってない髪で選考には参加しないでしょう。

 

 

 

 

髪型1つとっても、その人の印象は大きく左右されます。

 

 

 

私自身、人事の仕事をしていた中で、

髪型の重要性を認識し続けました。

 

 

 

みんながみんな短髪、結んでいれば良い、

みたいなものでは当然ありません。

 

 

あなたの顔立ちに対して似合った髪型をすれば、

企業としても好感を抱きやすいです。

 

 

 

 

 

さて、今回は就活において、

パーマで選考を受けることの是非、

これをお伝えしたいとおもいます。

 

 

 

就活にパーマがNGな3つの理由

 

実は就活においてパーマはNGです。

 

※もちろん、天然パーマという場合は例外です。

 

 

その理由を大きく3つ紹介しますが、

1点目は「大学生感が抜けていないと見られる」ことです。

 

 

 

 

就活といえば社会人になる登竜門。

そんな中で、遊んでます感全開のパーマは悪印象です。

 

 

 

 

「この人、本当にやる気あるのかな?」

 

あなたの本音がどうであれ、相手はこう思います。

 

 

 

 

 

次に2つ目の理由ですが、

新卒社会人としてもふさわしくない髪型だということです。

 

 

 

芸能人にでもなるなら話は別ですが、

一般企業においてパーマをかけている人はいません。

 

 

 

 

もちろん、女性であれば多少はいるでしょうが、

それはあくまで「入社後の話」です。

 

部署によってはパーマ禁止のルールもあるでしょうし、

良い印象は与えないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

そして3つ目ですが、年配の方にウケが良くないことです。

 

 

 

 

 

いわゆる「就活ヘアー」であれば、

個性はないもののマイナスの印象は与えません。

 

 

一方でパーマで選考を受ければ、

人によって賛否は分かれます。

 

 

 

「その人の自由でしょ」と受け止める人だけでなく、

「あり得ない」と判断されてしまうこともあります。

 

 

ましてや、選考では年配の方と面接する機会も増えます。

 

 

 

 

そんな中で、余計なリスクを背負う必要はありません。

 

 

 

 

就活でパーマがNGな3つの理由

 

 

1、大学生感が抜けていないと見られるから 

2、新卒社会人としてふさわしくないから

3、年配の方にウケが良くないから

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

入社式 決意表明 一言 画像

 

 

 

結局、就活では髪型で個性を出す必要はありません。

 

無難な髪型で参加した方が、選考も有利に働きます。

 

 

 

あなたに似合う髪型については、

今まで生きてくる中で何となくわかっているでしょう。

 

まずはそれで勝負することをオススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ