ディズニーシーのファストパス、おすすめの取り方を解説!

私は年に少なくても3回は、

ディズニーシーに行っています。

 

そして年に3回はランドに行ってるので、

2ヶ月に1回はディズニーにお世話になってます!

 

そんな中で、ディズニーをより楽しむ上で、

知っていて得するポイントが分かる様になりました。

スポンサードリンク

学生なのか、

カップルなのか、

家族連れなのか、

 

どのような状況なのかによって、

楽しみ方は大きく変わってきますし、

おさえておくべきポイントも変わって来ます。

 

今回は、ファストパスの取り方についてです。

 

修学旅行などで初めて

ディズニーに行く人はもちろん、

もっと多くのアトラクションに乗りたい人、

混雑を避けてお目当てのアトラクションに乗りたい人。

 

あなたがどんな状況にあったとしても、

ファストパスの取り方だけは

知っておかなければいけません。

開演直後にとるファストパスは?

スポンサードリンク


まず、「トイストーリーマニア」

に乗りたいのであれば、

開演とほぼ同時にファストパスを

取りに行って下さい。

 

開演から1時間もしたら、

ファストパスはなくなっていることがほとんどです。

 

開演直後に行列ができている

ファストパス発券所は、

トイストーリーマニアだけです。

 

トイストーリーマニアについては絶叫系と違い、

家族連れでも楽しめるアトラクションです。

 

そのため、パパが行列を作っている光景も、

本当に多く見かけます。

 

開演と同時に取るべきファストパスは、

トイストーリーマニアです。

絶叫系のファストパスを取る順番は?

ディズニーシー ファストパス 仕組み 画像

次に、絶叫系のファストパスについてです。

ディズニーシーにおいては、

 

インディージョーンズ

レイジングスピリッツ

センターオブジアース

タワーオブテラー

 

の4つが絶叫系として存在します。

 

土日であれば、

どれも1時間の待ち時間は覚悟しないといけません。

 

そのため、ファストパスを取るのは、

本当に重要なんですよね。

 

ただ、絶叫系の中でも、

 

「すぐにファストパスを取るべきアトラクション」

 

「お昼頃にとれば良いアトラクション」

 

「とらなくても良いアトラクション」

 

 

と分かれています。

 

この中で、

「すぐにファストパスを取るべきアトラクション」は、

「タワーオブテラー」です。

 

待ち時間がこの中で60分を超えて

90分にまで達しやすいのは、

タワーオブテラーです。

 

午前中の内にファストパスをとることをオススメします。

 

また、同じ理由から、

「センターオブジアース」

すぐにファストパスをとってください。

※ただし、タワーオブテラーの方が混むので、

優先順位は1つ下がります。

ディズニーシー デート 付き合う前 画像

次に、「お昼頃にとれば良いアトラクション」ですが、

「インディージョーンズ」です。

 

これは1日中、列がとぎれることなく並んでいますが、

ファストパス発券についてはお昼過ぎまでやっています。

 

ですので、そこまで焦ることはありません。

スポンサードリンク


最後に、「とらなくても良いアトラクション」ですが、

「レイジングスピリッツ」です。

 

これは午前中であれば、

30分前後で乗れることもあります。

 

おそらく、他の絶叫系の

アトラクションに人が集まり、

レイジングスピリッツだけ空いているんですよね。

 

そのため、タワーオブテラーや、

センターオブジアースのファストパスをとったら、

その足でレイジングスピリッツに乗るのがオススメです。

 

時間も節約できますし、

効率よくパーク内を回れますよ。

絶対にファストパスをとってはいけないアトラクション

ディズニーシー ファストパス 修学旅行 画像

 

ストームライダー

マジックランプシアター

マーメイドラグーンシアター

 

この3つは、

ファストパスをとってはいけません。

 

どれも比較的空いているので、

ファストパスがなくても十分に入ることができます。

 

ぜひ、あなたの楽しみ方に合わせた、

ファストパスの取得をしてくださいね!

★こちらの記事もどうぞ!★

⇒タートルトークの待ち時間は?

 この時間が狙い目!

⇒ディズニーシーデートの服装!

 男女のNG集を紹介!

⇒ディズニーシーデートの予算を

 なるべく安くする方法を伝授!

One Response to “ディズニーシーのファストパス、おすすめの取り方を解説!”

  1. […] こちらにまとめているので、確認して下さい! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ