若手・新入社員が飲み会で一発芸を乗り切る現実的な方法

 

 

さて、このタイトルを見て、「何か違うな…」と思われたのなら、かなり鋭いです。

 

 

この記事では、若手・新入社員が飲み会の一発芸で爆笑をとるための方法を書いていません。

 

あくまで、「乗り切るための現実的な方法」をまとめています。

 

 

 

 

なぜこの様なタイトルにしたか…

 

 

そもそも、飲み会の一発芸に悩んで検索する人は、

一発芸が苦手な人かやったことがない人ばかりです。

 

 

 

そうした人が急に仕入れたネタで爆笑がとれるかといえば、無理です。

常識的に考えて、当たり前ですよね?

 

 

 

前日に覚えた変化球が当日の試合で完璧に決まるピッチャーなんて、想像しにくいですよね?

 

 

 

 

そして、一発芸で爆笑がとれる人というのは、そもそも検索なんてしません。

自分のネタをいくつか持っています。

 

 

 

少し厳しいことを書きましたが、

現実を知って欲しく、あえてストレートに伝えました。

 

むしろ、一発芸が苦手なのに「爆笑がとれる一発芸」を検索して実践すれば、

当日テンパって場がしらけます。

 

 

 

そうなれば、一番つらいのはあなた自身です。

 

 

 

 

 

とはいえ、若手・新入社員にとって「飲み会の一発芸」は逃げられません。

いつ・どんなタイミングで振ってくるかわからないので、常に準備が必要です。

 

 

 

ここからは、あくまで飲み会の一発芸を「乗り切る」ための方法を伝えます。

 

 

決して爆笑がとれるわけではありませんが、かといって恥をかくこともない。

 

無難に切り抜ける方法です。

 

 

 

というのも、私自身も一発芸は苦手で、

常に緊張と腹痛に襲われながら飲み会を迎えたものです。

 

 

そんな中で編み出した方法を伝えることで、

少しでも悩んでいる人を救いたいと考えています。

 

では、早速伝えます。

 

若手・新入社員が飲み会の一発芸を乗り切る現実的な方法

 

 

その1:職場内の一発芸キャラの先輩をつかまえておく

 

 

 

職場内には必ず1人は、一発芸を飲み会の度にしている様ないじられキャラの先輩がいるものです。

※そもそも、一発芸を強要される職場であれば、必ずいます。

 

 

その人を利用するのです。

 

 

例えば、飲み会までに相談して、一発芸のネタを1つ教えてもらいます。

そして、そのネタを当日に実行します。

 

 

ウケればそれでOK。

 

もし、「つまんなーい」と声が上がれば即座に、

 

 

「いやー、一発芸の上手い●●先輩直伝なんですけどね」

 

 

とさらっと返事します。

 

 

 

すると、ターゲットはあなたから先輩に移ります。

 

 

 

「何で新人につまんない芸を教えたんだ!」

「じゃあ先輩がお手本を見せないとね」

 

など、先輩に注目が集まりその場を乗り切ることができます。

 

 

 

その2:他の若手・新入社員と組んで一発芸を披露する

 

大学 新歓コンパ お酒 画像

 

 

 

1人で一発芸をやると、先輩からの目線を一身に背負うことになります。

そこでオススメするのは、他の若手・新入社員と組んで一発芸を披露することです。

 

 

 

特にオススメなのは、部署内の若手・新入社員全員で一発芸を披露すること。

 

事前に練習は必要ですが、これをすることで「面白い」「つまらない」という評価を越えて、

 

 

 

「すごい」

 

という評価になります。

 

 

 

純粋に「やった」ことが評価されるので、

どうしてもやらざるを得ない場合はオススメの方法です。

 

 

それこそ、かなり前に流行ったAKBの「フォーチュンクッキー」を踊ったっていいわけです。

 

一発芸というよりは「出し物」という意識を持っておけば大丈夫です。

 

 

 

 

さて、いかがでしたか?

 

 

 

爆笑をとろうとすれば失敗の確率が高い。

かといって何も対策をしないのは危険です。

 

 

 

今回紹介した2つの方法は、

まずその場を乗り切るための現実的な方法です。

 

 

そして、若手・新入社員時代の一発芸を乗り切ることができれば、

その後は回ってくることがなくなります。

 

 

よほど一発芸が得意な人、あるいはいじられキャラであれば話は別ですが、

この記事を読んでいるのであれば、その可能性は低いでしょう。

 

 

是非、試してみてください。

健闘を、祈ってます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ