ディズニーランドデートの予算を安くする方法を伝授!

※この画像がシーかランド、どちらのものかわかったあなたは、
もはや「マニア」の域に到達していますよ。

 

 

さて、以前に書いた記事では、

ディズニーシーのデートについて、

予算を安くする方法をお伝えしました。

 

 

 

 

特に学生の方であればあるほど、

予算については気になる部分でしょうね。

 

 

 

 

ディズニーで日常を忘れて楽しみながらも、

財布の残りを気にしなければいけない…

 

 

 

この状況は、決して良くはないでしょうね。

 

 

 

 

そこで今回はディズニーランドに絞って、

予算を少しでも安くする方法をお伝えします。

 

 

実はシーよりも安くできる要素は詰まっている?

 

まず、以前の記事を見てもらっても分かる通り、

12000円前後は予算として見ておくべきです。

 

 

この内、半分以上はチケット代になり、

仕方のない費用でもありますからね。

 

 

 

食費やお土産代などの出費については、

少しでも安くしたい所ですよね。

 

 

 

お土産については「家の方針として買わない」

といったことを伝えれば、買わなくてもOKです。

 

 

「物より思い出」という家庭もありますし、

無理にお土産を買うことを求めていないならば、

それを伝えて買わないのは自然な流れです。

 

 

 

 

そしてシーよりもランドの方がお得な点。

それは食費です。

 

 

 

 

感覚的なものですが、

シーよりランドの方が食費は安く済みます。

 

 

 

シーの方が大人向けのコンセプトですので、

お酒が飲めたりと単価も高めです。

 

 

 

それに対してランドはお酒も飲めませんし、

シーよりは安く抑えられます。

 

 

 

お店をぐるぐる回ってみると、

1000円いかなくてもご飯が食べれたりします。

 

 

逆に、ランドで1000円を超える食事は、

高いと思ってもらっても大丈夫です。

 

 

 

 

お金を節約していると思われない様に、

上手く相手を誘導しながらお店を決めて下さい。

 

 

 

 

間食はケチらない

 

 

 

 

 

 

そして最後に、予算を抑えようとする人がやりがちなのが、

間食をケチることです。

 

 

 

ポップコーンなどのお菓子を買わないことは、

せっかくのディズニーの雰囲気を台無しにします。

 

 

「何かこの人ケチだな」と思われてしまいます。

 

 

 

 

ご飯代を安く済ませる分にはOKですが、

間食については普通に食べることを意識して下さい。

 

相手のあなたへの印象も良くなりますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ