就活の選考辞退を当日にするなら連絡すべき?

さて、今回は就活の選考辞退について取り上げます。

 

何十社も企業の選考を受ける上では、

どうしても選考日がかぶってしまうことがあります。

 

あるいは、急な体調不良でどうしても行けないこともあります。

 

 

 

事前に連絡するのがもちろん良いのですが、

当日になってしまうというケースは、誰もが1度は体験します。

スポンサードリンク

こうしたケースについて、

そもそも企業に連絡した方が良いのかどうかを、

企業担当者の視点からお伝えします。

 

 

当日に連絡すると良いこともある?


スポンサードリンク


 

まず、大前提として、

連絡なしの欠席をしたとしても、

企業から罰せられることはありません。

 

 

そもそも企業だって、

就活生の当日キャンセルがあることくらい承知の上です。

 

 

もちろん連絡をもらえたらありがたいですが、

当日は選考の準備も合ってバタバタしますし、

連絡がなかったとしても何も言ってきません。

 

就活 選考会 画像

 

 

 

 

 

ただ、当日に選考辞退の連絡をすると、

良いことがあるかもしれません。

 

 

これは体調不良が理由の場合に限定されますが、

企業によっては別日での選考を案内してくれるかもしれません。

 

 

 

特に選考が進めば進む程、

こうしたケースは出てきます。

 

 

 

企業としても、莫大なお金をかけて採用活動をしています。

 

少しでも有能な学生がいるならば、

1人でも多く選考をしたいと考えるのは当然です。

 

 

 

体調管理ができない人だと見られるかもしれませんが、

そもそもそう考えるなら別日の選考を案内しません。

 

 

 

もし別日でなら選考を受けたいと思っているならば、

正直に伝えるのもありです。

 

 

 

 

 

ただし、注意点があります。

 

 

当日に選考自体の連絡を入れるなら、

メールではなく電話で行うのがマナーです。

 

メールは見ない可能性もありますからね。

 

 

また、電話で連絡をする場合は、

できる限り始業直後が良いでしょう。

 

 

時間が経過するほど、

選考の準備に追われてしまいますからね。

 

 

早めに知らせてもらえた方が、

別日を案内してもらえる可能性は高いですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ