台風6号を米軍情報で進路予想!2015年だからこそ気をつけろ!

さて、様々なニュースで既に報じられていますが、

台風6号が勢力を拡大し、日本列島に上陸しようとしています。

 

 

関東に上陸する恐れもあり、

今の内から十分な準備が必要になっています。

 

 

この記事では最新の進路予測を、

気象庁ではなく米軍情報から紹介します。

 

 

 

米軍情報を頼りに台風に備えよう!

 

アメリカのハワイに設置された台風警報センター。

それが米軍情報局です。

台風7号 2015 予想 米軍 画像

 

 

確かにニュースなどで発表される気象庁のデータだけでも十分です。

しかし、アメリカが総力を挙げて、自国民の安全を守るために設置したわけですから、

こちらの情報も十分に信頼に値するのです。

 

 

 

実際、私は気象庁のニュースを見る前に、

ネットで手軽に見れる米軍情報をチェックしています。

 

 

 

さて、こちらに台風6号の進路予想が出ているのですが、

11日の深夜に沖縄列島に急接近していますね。

 

 

その後、日本列島の横を通りながら、

13日の深夜には関東地方に上陸する予測となっています。

 

 

深夜ですので仕事や学校に影響はないでしょうが、

自宅に損壊が出ない様、十分な注意が必要でしょうね。

 

 

 

 

まずは沖縄列島が警戒区域に入ります。

それこそ、石垣島については上空を通過することになります。

 

今の内に十分な準備をしておいてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ